でこでこでこり~ん

ジャンプ連載中、魔人探偵脳噛ネウロのイラストブログ。 ヒグチ率がエライ高いです。 ノーマル・受・攻ヒグチ絡みなら何でもあり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

これは痛い


多量の神父笛吹さんがいます
クレームは受け付けぬ!

パラレル平気な人のみ下ドウゾ



休止中描きためてたヤツ












映画「天使と悪魔」にかなり影響を受けた神父さんになってますんで あしからず





neuro185.jpg
neuro186.jpg
neuro188.jpg
neuro187.jpg
neuro189.jpg
neuro190.jpg
neuro192.jpg
neuro191.jpg
neuro194.jpg
neuro193.jpg
neuro195.jpg


簡単に興味ある所だけ書いてみた

プロテスタントは「牧師」 
カトリックは「神父」 

牧師は結婚OKで神父はダメ
生涯を独身で通さなきゃいけない

神父は神の代わりに懺悔を聞き、罪を許す
それなりにふさわしい知識と人格がいる
なるには長い修練が必要

牧師は一信者と身分は同じ
教会の代表~みたいなもの

詳しくはコチラで調べました
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~catholic/candp.html

神父と云う存在に かなり興味津々で御座います
映画のユア/ン・マク/レガー演じるカメルレンゴ(前教皇侍従)が物凄くHITしまして。。。
カッコ良すぎます
コンクラーベの席で演説する所が笛吹さんを彷彿とさせる

ちょっとマジで文庫を読み始めてます
面白いですよー
今、中巻の最初の方なんですけども、すでにカメルレンゴの素敵な落ち着きにグラグラしてます

映画は文庫の表面をさらってる感じですね
だけど分かりやすく上手くまとめてあって拍手だと思います
文庫の方は内容がより深く掘り下げてあります
どっちも良さがあってイイと思うけど、、、
文庫を先に読んだ人は物足りないかもしれません

でも大体 映画にすると二時間半に話つめなきゃいけないから
どうしても端折らなきゃいけない所は出てきますし
そこは構成の上手さを楽しむトコロですねー


あ、あと映画と文庫で登場人物の名前が違う!






天使と悪魔の映画の公式HP
Ⅱヴァチカン市国 の音楽と動画を見るたびゾクゾクします
かっけー




スポンサーサイト
笛吹直大 |
| HOME |




報告は不要ですが、頂けると嬉しいです







参加中DEATH!
mameloi

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。